乗馬女子の騎乗位はエロすぎて発射不可避!

乗馬女子の騎乗位はエロすぎて発射不可避!は乗馬女子に馬用興奮剤を使って大変なことになってしまう漫画です。
2年の最島は乗馬部で虐げられている存在。
乗馬できるのは女子ばかりで、男である最島は雑用係として扱われていたのです。
一部の女子にいたっては最島は馬以下の扱いなのです。

その日も最島は乗馬用の鞍磨きを命じられて帰るに帰れません。
「今日中に終わるのか・・・?」
とんでもない数の鞍を前に途方に暮れる最島。
何とか気合を入れて(というか手を抜いて)あと2個のところまで終わらせます。

さすがに疲れて一息ついたとき、あるものを見つけます。
最島が見つけたものは「馬用興奮剤」。
乗馬部になぜこんなものがあるのか不思議でしょうがないのですが、ふと最島に復讐心が燃え上がります。
いつもいじめられているので、仕返しに馬用興奮剤を女子の鞍に塗ってやったのです。

翌日、何事もなかったかのように鞍を準備する最島。
女子たちは普段通りに騎乗するのですが、明らかに行動がおかしい女子が・・・
それは昨日、最島が馬用興奮剤を塗って鞍を使っている海凪ちゃんだったのです。

馬用興奮剤というと、本来牡馬に使うものなのですが、女子にも効いてしまったのです。
しかも、効果抜群のようで騎乗したときの馬の振動だけでいきそうなのです。
思ってもなかったハプニングにちょっとうろたえる最島。
まさか、こんなに効果があるなんて予想外だったのでしょう。

座間あみろと思ってしまう最島ですが、同時にピンチを迎えます。
女子の鞍にイタズラしたことがバレたら、最悪退部になってしまいます。
乗馬女子を眺めることが唯一の楽しみであった最島にとって、退部だけは避けなければいけません。
急いで海凪ちゃんを体調不良と偽って部室に連れ込む最島。

早いところ興奮状態の海凪ちゃんを鎮めないと誰が様子を見に来るか判りません。
(もしかしたら乗馬女子の騎乗位が楽しめるかも)
なんて考える暇もない最島。
しかし、海凪ちゃんは興奮しすぎてもはや騎乗位しか考えていないようです。
あまりにやばいこの状況、もうやってあげるしか解決策はない!?

意を決して臨む最島ですが、もう1つ忘れていたことがあります。
それはイタズラした鞍は2つあるということ。
つまり海凪ちゃんと同じ状態の乗馬女子がもう一人いるのです。
その乗馬女子とは、なんと部長の天王寺亜子さん。
もし亜子さんにこんなところが見つあったら大変かも!?