飼育小屋少女が可哀想でエロい

田舎に行くと都会では信じられないような風習が残っていたりします。
ある教師が赴任した田舎もそんな「信じられないこと」があったのです。
一見すると普通の田舎町なのですが、そこには「人間に似た獣」がいたのです。

この獣は見た目は人間そっくりで、首輪がつけられていないと都会から来た教師にも見分けがつきません。
その少女も獣として飼育小屋で飼われていたのです。
学校の飼育小屋と言えば、都会ではアレルギーなどの問題でほとんどなくなってしまいました。
それでも教師が小さいころはウサギなどを飼っていたのですが、獣と呼ばれる少女を飼育しているのを見るのは初めてでした。
もちろん聞くのも初めてだったのですが、さらに驚いたのはそこにいる人全員が少女が獣である事に疑いを持っていないのです。

教師から見れば異常な事なのですが、村人からすれば獣を飼育していることに驚く教師の方が変に見えてしまいます。
色々地方を回って「そういうこともある」ことを知っていた教師はなるべく周りに併せようとしますが・・・
それでもその飼育小屋の少女は可愛くて、教師の心をくすぐります。
何しろ、首輪以外は完全に裸なのに無防備で可愛らしい表情を向けてくるのです。
こんな少女に見つめられたら、嫌でも反応してしまいます。
教師も例外ではなく、飼育小屋の少女に恋心を抱いてしまいます。

それが、この田舎で暮らすことにおいては危険な事はすぐにわかったのですが、教師は自分の本音を抑えることができません。
そしてある日教師は遂に飼育小屋にいる少女の元へ向かいます。
恐らくばれたらこの田舎町ににいられなくなることを承知のうえで。。。
飼育小屋少女が可哀想で同時にエロい物語です