H妹とド変態な日常

いくつになっても妹は可愛いものですが、成長してくるとさらに可愛さを増してきます。
特におしゃれを覚えてからは一気に可愛くなってきたのですが、同時に妹のあるせい癖が気になるようになってきました。
普通なら兄と一緒に街を歩いたりするのは友達に見られるからいやだとか言うのですが、むしろ一緒に歩きたがるのです。

そのくらいなら別に気にも留めないのですが、自分のちょっとエッチな自撮り写真を送ってくるようになった頃から「なんか違う」と思い始めます。
最初はからかわれているだけかと思っていたのですが、どんどんHになる写真を見て、もしかしたら男として好かれているかとも思いだしてしまいます。
実際は好かれているどころの話ではなかったのですが、この時点ではまだそのくらいにしか思っていませんでした。

しかし、妹のアプローチの過激さはとどまることはありませんでした。
これは誰がどう見ても変態のイキだろうと思うようなことまでし始めます。
H妹とド変態な日常なんて言ってしまうと元も子もないのですが、そう言いたくなる気持ちもわかるくらいドストレートでちょっとアレな愛情表現をしてくるようになります。

果たしてこの愛情を受け止めるべきなのか諭すべきなのか迷っていた頃、遂に妹が実力行使に出てきます。
具体的に言うと既成事実を作りに来たのです。
まだ考えがまとまってなかったため、ズルズルとその場の雰囲気に引っ張られていまいます。
そして、そのまま既成事実をつくってしまい、後に引けなくなってしまうのです。

しかし、済んだことをいつまでも引っ張っていても良くないので、頭を切り替えてとことん妹のド変態っぷりに付き合うことにします。
日常的にド変態な事をしてくるので最初のうちは頭が疲れますが、慣れてくればあしらい方もわかってきます。
しかし妹もなかなかのもので、次々に新しいせっくすを考えつき実行に移してくるので、あしらうだけでも一苦労です。
もっとも一線を越えてしまった後なので、流れのままに身を任せても問題ないのですが(笑)

そうしないのは妹に主導権を握られているということを認めたくないからです。
あくまで主人は自分で、妹の上に立っていないと示しがつかないと思っています。
そこで、日常的に首藤家なら沿いをすることになってしまうのですが、こうするとプレイがどんどんマニアックになってしまうことも否めません。
H妹とのド変態な日常はこうしてさらにヤバい方向に進んでいくのです。

もっとも妹もそれを愉しんでいる、というかむしろ喜んでいるのでこのままでもいいかと思ってしまいます。