タグ別アーカイブ: チンジャオ娘。

ビッチが田舎にやってきた

ビッチが田舎にやってきたは都会と田舎の情報格差が招いた悲劇を描いた漫画です。
ヒロインの奈緒ちゃんは生まれたときから都会で暮らしている都会っ子です。
この奈緒ちゃんが陸の孤島のような田舎に引っ越したところから物語が始まります。

奈緒ちゃんが引っ越した田舎はネットこそ通じていますが、それ以外は町から隔絶されたような場所です。
もちろん車があれば街に行けるのですが、逆に言えば車がないと都会の情報に触れることがないのです。
さらに彼らには積極的に都会に行く気もないようで、いわゆるガラパゴス状態になっています。
このため、流行なんてほとんどありませんし、情報に関する感度も低いようです。
そこに中途半端にネットが使えるようになったため、怪しい情報も鵜呑みにしてしまっています。

ある程度情報リテラシーがあれば、こういった怪しい情報は取捨選択できますが、田舎でガラパゴス化しているとそれができなくなってしまうようです。
そのため、奈緒ちゃんを見た彼らの第一声は「ビッチが田舎にやってきた」です。
挨拶すら住んでいない相手に失礼極まりないのですが、挨拶さえ忘れるほどに彼らが興奮してしまったという事でしょうか。
どうやら、ネットでビッチの情報だけは仕入れていたようで、それが奈緒ちゃんの外見的特徴に一致したため、いきなり「奈緒ちゃんはビッチだ」と決めつけられてしまったのです。

奈緒ちゃんからしてみれば青天の霹靂。
なにしろ奈緒ちゃんの格好は都会ではごく普通で、みんなと同じです。
それがいきなりビッチだとなんて言われたら誰だって驚きます。
しかも、こんな無礼な事を言うのが1人くらいならまだ許せるのですが、全員が揃ってビッチ扱いしてくるのです。
どんだけ間違った情報が出回ってるんだと思ってしまいますが、情報リテラシーが低いと、誤った情報を鵜呑みにして正そうともしないんですね。。。
こんなこと、ネットでちょっと調べればわかる事なのに・・・

こうして奈緒ちゃんはいきなりビッチとして扱われる羽目になってしまいます。
田舎の怖いところは、こういったくだらない情報ほど早く伝わってしまうところです。
奈緒ちゃんが田舎に引越してしばらくしたころには村中が「ビッチが田舎にやってきた」ことを知っていたりします。
奈緒ちゃんの同級生だけではなく、農家のオッサンまで同じことを言うので手に負えません。

もし、この田舎にネットがなければ奈緒ちゃんももうちょっとマシな田舎生活ができたかもしれません。
しかしネット経由で中途半端な情報が手に入れられるようになっている現在、奈緒ちゃんの悲劇は防ぎようがなかったのかもしれませんね。

さらにチンジャオ娘のビッチが田舎にやってきたは奈緒ちゃんもちょっと残念なところがあったことから自体はさらに悪化します。
「ビッチが田舎にやってきた」なんていうアホな噂は放っておけばすぐに消えてしまうのです。
しかし、奈緒ちゃんは暇つぶしのつもりで田舎の男を挑発してしまうのです。

奈緒ちゃんにとってはこれが致命的でした。
田舎ではすぐにビッチが誘ってきたと噂になってしまったのです。
後はもうご想像の通り・・・です。

飼育小屋少女が可哀想でエロい

田舎に行くと都会では信じられないような風習が残っていたりします。
ある教師が赴任した田舎もそんな「信じられないこと」があったのです。
一見すると普通の田舎町なのですが、そこには「人間に似た獣」がいたのです。

この獣は見た目は人間そっくりで、首輪がつけられていないと都会から来た教師にも見分けがつきません。
その少女も獣として飼育小屋で飼われていたのです。
学校の飼育小屋と言えば、都会ではアレルギーなどの問題でほとんどなくなってしまいました。
それでも教師が小さいころはウサギなどを飼っていたのですが、獣と呼ばれる少女を飼育しているのを見るのは初めてでした。
もちろん聞くのも初めてだったのですが、さらに驚いたのはそこにいる人全員が少女が獣である事に疑いを持っていないのです。

教師から見れば異常な事なのですが、村人からすれば獣を飼育していることに驚く教師の方が変に見えてしまいます。
色々地方を回って「そういうこともある」ことを知っていた教師はなるべく周りに併せようとしますが・・・
それでもその飼育小屋の少女は可愛くて、教師の心をくすぐります。
何しろ、首輪以外は完全に裸なのに無防備で可愛らしい表情を向けてくるのです。
こんな少女に見つめられたら、嫌でも反応してしまいます。
教師も例外ではなく、飼育小屋の少女に恋心を抱いてしまいます。

それが、この田舎で暮らすことにおいては危険な事はすぐにわかったのですが、教師は自分の本音を抑えることができません。
そしてある日教師は遂に飼育小屋にいる少女の元へ向かいます。
恐らくばれたらこの田舎町ににいられなくなることを承知のうえで。。。
飼育小屋少女が可哀想で同時にエロい物語です

anegayurusugite_3

姉がゆるすぎて弟は心配です。ちょっとゆるいお姉ちゃんが男たちにやられまくり!?

姉がゆるすぎて弟は心配です。
anegayurusugite_3

天真爛漫で人を疑うことを知らないみずきお姉ちゃん。
自分が可愛いくて男の目を引きやすいということに自覚もないので基本的に無防備です。

男たちから見たら、無防備でゆるゆるのお姉ちゃんは格好のターゲットなのですが、本人はゆる~いので下手な誘い方でもほいほいついて行ってしまいます。
そんなみずきお姉ちゃんの暴走を止めるのが弟のハル。

ちょっと目を離すとすぐにふらふらとどこかに行ってしまう瑞希をいつも必死になって止めています。
みずきもハルに迷惑をかけていることは自覚しているので、せめて家計の助けになればとバイトを始めることにします。
しかし、ゆる~いみずきが見つけてきたのは怪しい高額バイトです。
みずきは全く疑わずに高い報酬につられてバイトを始めてしまいます。
ハルを驚かせたいので、ハルには相談なしです。

ところがこのバイトが大ハズレだったのです。
みずきを雇ってくれたのはパコパコプロダクションという怪しい芸能事務所のマネージャー。
グラビアアイドルとしてみずきをデビューさせると言っているのですが、言っていることとやっていることが全く違います。

ところが、みずきは天真爛漫すぎてマネージャーが悪いことを企んでいるなんて考えてもいません。
この業界はこういうものだと言われればすぐに信じてしまうのです。
そんなみずきにウソを吹き込んでやりたい放題のマネージャー。

ハルが気付いた時にはもう手遅れの状態になっていたのです。
それでもホスピタリティの高いみずきはお客さんに喜んでもらおうと必死に働くのですが・・・

みずきがちょっと可哀想になってくる「姉がゆるすぎて弟は心配です。」はこちら