ビッチが田舎にやってきた

ビッチが田舎にやってきたは都会と田舎の情報格差が招いた悲劇を描いた漫画です。
ヒロインの奈緒ちゃんは生まれたときから都会で暮らしている都会っ子です。
この奈緒ちゃんが陸の孤島のような田舎に引っ越したところから物語が始まります。

奈緒ちゃんが引っ越した田舎はネットこそ通じていますが、それ以外は町から隔絶されたような場所です。
もちろん車があれば街に行けるのですが、逆に言えば車がないと都会の情報に触れることがないのです。
さらに彼らには積極的に都会に行く気もないようで、いわゆるガラパゴス状態になっています。
このため、流行なんてほとんどありませんし、情報に関する感度も低いようです。
そこに中途半端にネットが使えるようになったため、怪しい情報も鵜呑みにしてしまっています。

ある程度情報リテラシーがあれば、こういった怪しい情報は取捨選択できますが、田舎でガラパゴス化しているとそれができなくなってしまうようです。
そのため、奈緒ちゃんを見た彼らの第一声は「ビッチが田舎にやってきた」です。
挨拶すら住んでいない相手に失礼極まりないのですが、挨拶さえ忘れるほどに彼らが興奮してしまったという事でしょうか。
どうやら、ネットでビッチの情報だけは仕入れていたようで、それが奈緒ちゃんの外見的特徴に一致したため、いきなり「奈緒ちゃんはビッチだ」と決めつけられてしまったのです。

奈緒ちゃんからしてみれば青天の霹靂。
なにしろ奈緒ちゃんの格好は都会ではごく普通で、みんなと同じです。
それがいきなりビッチだとなんて言われたら誰だって驚きます。
しかも、こんな無礼な事を言うのが1人くらいならまだ許せるのですが、全員が揃ってビッチ扱いしてくるのです。
どんだけ間違った情報が出回ってるんだと思ってしまいますが、情報リテラシーが低いと、誤った情報を鵜呑みにして正そうともしないんですね。。。
こんなこと、ネットでちょっと調べればわかる事なのに・・・

こうして奈緒ちゃんはいきなりビッチとして扱われる羽目になってしまいます。
田舎の怖いところは、こういったくだらない情報ほど早く伝わってしまうところです。
奈緒ちゃんが田舎に引越してしばらくしたころには村中が「ビッチが田舎にやってきた」ことを知っていたりします。
奈緒ちゃんの同級生だけではなく、農家のオッサンまで同じことを言うので手に負えません。

もし、この田舎にネットがなければ奈緒ちゃんももうちょっとマシな田舎生活ができたかもしれません。
しかしネット経由で中途半端な情報が手に入れられるようになっている現在、奈緒ちゃんの悲劇は防ぎようがなかったのかもしれませんね。

さらにチンジャオ娘のビッチが田舎にやってきたは奈緒ちゃんもちょっと残念なところがあったことから自体はさらに悪化します。
「ビッチが田舎にやってきた」なんていうアホな噂は放っておけばすぐに消えてしまうのです。
しかし、奈緒ちゃんは暇つぶしのつもりで田舎の男を挑発してしまうのです。

奈緒ちゃんにとってはこれが致命的でした。
田舎ではすぐにビッチが誘ってきたと噂になってしまったのです。
後はもうご想像の通り・・・です。

混浴サウナで女子マネと汗だくえっち

混浴サウナと言えば、なんだかいかがわしいことしか思いつかないのですが「混浴サウナで女子マネと汗だくえっち」では、そのいかがわしいことが本当に起こってしまいます。
事の始まりは学校の陸上部の練習中に起こります。
一応特待生の主人公は練習に打ち込まないといけないはずなのに、なぜか身が入っていません。
それを見かねたのか口出ししてきたのは幼馴染の女子マネだったのです。

彼女は一応口では厳しいことを言いますが、本心では主人公のことを気遣っています。
その証拠に近所にオープンしたばかりの温泉施設の入場券をくれて、「これで汗を流してくれば」と言ってくれるのです。
気分転換もかねてその温泉施設に行ってみた主人公。
結構本格的な造りでサウナもかなり広々としています。
サウナで汗を流して、帰ったら練習・・・と思っていたのですが、このサウナにはとんでもないトラップが待ち受けていました。
実はこのサウナは混浴だったのです。

一応サウナに入る時に浴衣のようなものを渡されるのですが、その理由って混浴だったからなんですね。
主人公もガキではないのでそのくらいでは動揺しない・・・と思っていたのですが、その混浴サウナに入ってきたのが幼馴染の女子マネでした。
これは動揺しないわけにはいきませんね。
しかも彼女は普段コンタクトをしていて、その日は裸眼。
つまり、周囲がほとんど見えてないので主人公にも気づいていないのです。
それどころか、主人公のことを一緒に来た友達(女)と勘違いしており、すぐ隣に座ってきたのです。

すぐ隣に汗だくの女子マネが・・・
そう考えるといてもたってもいられなくなる主人公。
まあ、そうですよね。
女子マネも一応浴衣を羽織っていますが、汗だくですでにスケスケ。
これはヤバいと思っても、もう逃げられません。
混浴サウナで女子マネと汗だくえっちすることになってしまいそうな主人公の運命はいかに・・・!?

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでしたの最新話がすごい

天井を突き破って落ちてきた女の子とエッチしちゃう「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」。
過激なタイトル通りの過激さと、それとは裏腹の純愛系でもある漫画です。
女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。第6話で美人大家さんとしばらく同棲することになった主人公。

一方で落ちてきた女の子は、大家さんの部屋を間借りすることになって一旦退場か?と思っていたのですが、そんなに甘い子ではありませんでした。
主人公と大家さんが夜寝ているときに、颯爽と現れる女の子。
玄関の戸締りはしたはず、と思っていたのですが、どうや2階の自分の部屋にできた穴から1階の主人公の部屋に入ってきたようです。
意外と身軽ですね笑

2階の部屋は大家さんが使用不可としたのですが、部屋の鍵自体は女の子が持っていたようです。
大家さんの脇が甘いような気がしますが、こんな使われ方をするとは大家さんも予想外だったのでしょう。
「この前のことが忘れられないの」と主人公に語り掛けてくる女の子。

そんな理由で夜這いしてきたのかと呆れてしまいますが、女の子は超本気です。
そうでなければ「いつ崩落してもおかしくない」とまで大家さんが言った2階の穴から侵入してこないですよね。

そして、誘惑に弱い主人公はそのお誘いに乗ってしまいます。
しかも大家さんが寝ている真横で。
ちょっと頭を使えば、大家さんの部屋(現在は女の子が借りている)に行けばコソコソする必要なんて全くないのです。
途中で大家さんが起きて主人公にいないことに気がついても、仕事先から電話が来たから外に行ったとでも言っておけばいいのです。

あえてそれをせず、大家さんがいる部屋でなんてチャレンジャーすぎます。
落ちてきた女の子は大家さんに見つかってもいいくらいに考えてはいるフシはあるのですが、主人公は完全に甘いです。
わざわざ爆弾の横でたき火するような真似をしているのですから、何かあっても完全に自業自得ですね。
幸い火遊びはバレずにすんだのですが、実は女の子はとんでもない置き土産を残していきます。
暗かったせいもあり主人公は全くそれに気が付かず。。
朝になって大家さんに見つかってしまうという最悪の事態となってしまいます。

この最恐の置き土産をどうさばくのかは7話に持ち越しとなります。
7話はまだ公開されていないのでどうなるか不明ですが、かなりの修羅場は覚悟しないといけない気がします。

乗馬女子の騎乗位はエロすぎて発射不可避!

乗馬女子の騎乗位はエロすぎて発射不可避!は乗馬女子に馬用興奮剤を使って大変なことになってしまう漫画です。
2年の最島は乗馬部で虐げられている存在。
乗馬できるのは女子ばかりで、男である最島は雑用係として扱われていたのです。
一部の女子にいたっては最島は馬以下の扱いなのです。

その日も最島は乗馬用の鞍磨きを命じられて帰るに帰れません。
「今日中に終わるのか・・・?」
とんでもない数の鞍を前に途方に暮れる最島。
何とか気合を入れて(というか手を抜いて)あと2個のところまで終わらせます。

さすがに疲れて一息ついたとき、あるものを見つけます。
最島が見つけたものは「馬用興奮剤」。
乗馬部になぜこんなものがあるのか不思議でしょうがないのですが、ふと最島に復讐心が燃え上がります。
いつもいじめられているので、仕返しに馬用興奮剤を女子の鞍に塗ってやったのです。

翌日、何事もなかったかのように鞍を準備する最島。
女子たちは普段通りに騎乗するのですが、明らかに行動がおかしい女子が・・・
それは昨日、最島が馬用興奮剤を塗って鞍を使っている海凪ちゃんだったのです。

馬用興奮剤というと、本来牡馬に使うものなのですが、女子にも効いてしまったのです。
しかも、効果抜群のようで騎乗したときの馬の振動だけでいきそうなのです。
思ってもなかったハプニングにちょっとうろたえる最島。
まさか、こんなに効果があるなんて予想外だったのでしょう。

座間あみろと思ってしまう最島ですが、同時にピンチを迎えます。
女子の鞍にイタズラしたことがバレたら、最悪退部になってしまいます。
乗馬女子を眺めることが唯一の楽しみであった最島にとって、退部だけは避けなければいけません。
急いで海凪ちゃんを体調不良と偽って部室に連れ込む最島。

早いところ興奮状態の海凪ちゃんを鎮めないと誰が様子を見に来るか判りません。
(もしかしたら乗馬女子の騎乗位が楽しめるかも)
なんて考える暇もない最島。
しかし、海凪ちゃんは興奮しすぎてもはや騎乗位しか考えていないようです。
あまりにやばいこの状況、もうやってあげるしか解決策はない!?

意を決して臨む最島ですが、もう1つ忘れていたことがあります。
それはイタズラした鞍は2つあるということ。
つまり海凪ちゃんと同じ状態の乗馬女子がもう一人いるのです。
その乗馬女子とは、なんと部長の天王寺亜子さん。
もし亜子さんにこんなところが見つあったら大変かも!?

解放特区学園エンコー部って開放しすぎ!

解放特区学園エンコー部は開放特区というものが設立された近未来の日本が舞台。
ほとんどすべての病気が克服され、何をするにも倫理だけの問題となっている時代です。

政府は試験的に開放特区を作ってここでは何をしても良いというルールを設定します。
何でもOKということなので、ここにある学園も自由すぎる校風になっています。
まず制服がものすごいのです。
セーラー服にレオタードを合わせたような制服で、どう見ても色々強調し過ぎなのです。
それを着ている女の子たちも最初のうちこそ恥ずかしいと思っていたようですが、そのうち慣れてしまったようです。
そして、この学園の最大の特徴はエンコー部の存在です。
部活なのですが、かなり幅広いことをやっており、商売もしているようです。
部活なのに依頼を受けて、問題解決の報酬もあるようです。
この辺りが許されるのも開放特区ならではということでしょうか?

ただでさえすごいエンコー部なのですが、最も期待できるのが夏です。
夏の海といえば水着の女の子!
この開放特区のエンコー部は水着もすごいです。
というか、「それ水着?」と聞きたくなるような格好なのですが、自由にやっていい特区なので誰も問題視しません。
ここまでフリーダムだとちょっと心配になってしまうほどですが、そもそも倫理以外に何かを妨げる要因はなく、その倫理さえも超えていい開放特区なのでできることです。

ちなみに、この開放特区は出来たころはもっとおとなしかった地区のようです。
しかし、だんだんエスカレートしていき今のエンコー部のようなものできてきたのです。
もっとも完全自由な社会がどうなるのかを確認するための試験的な意味合いを持つ特区ですので、こうなることは織り込み済みだったのかもしれません。
しかし、この開放特区の学園で成長した子は普通の社会に戻れないような気がするのですがどうなのでしょうか?
あるいは将来的には全国をこの開放特区のようにするのであれば問題ないのですが・・・

そうすると解放特区学園エンコー部のような部活が全国にできることになります。
それはそれでちょっと楽しみな未来ですね。
ちなみに、この物語の中では開放特区以外がどうなっているかは明らかにされていません。
開放特区の外の様子も続編があれば見てみたいですね。

飼育小屋少女が可哀想でエロい

田舎に行くと都会では信じられないような風習が残っていたりします。
ある教師が赴任した田舎もそんな「信じられないこと」があったのです。
一見すると普通の田舎町なのですが、そこには「人間に似た獣」がいたのです。

この獣は見た目は人間そっくりで、首輪がつけられていないと都会から来た教師にも見分けがつきません。
その少女も獣として飼育小屋で飼われていたのです。
学校の飼育小屋と言えば、都会ではアレルギーなどの問題でほとんどなくなってしまいました。
それでも教師が小さいころはウサギなどを飼っていたのですが、獣と呼ばれる少女を飼育しているのを見るのは初めてでした。
もちろん聞くのも初めてだったのですが、さらに驚いたのはそこにいる人全員が少女が獣である事に疑いを持っていないのです。

教師から見れば異常な事なのですが、村人からすれば獣を飼育していることに驚く教師の方が変に見えてしまいます。
色々地方を回って「そういうこともある」ことを知っていた教師はなるべく周りに併せようとしますが・・・
それでもその飼育小屋の少女は可愛くて、教師の心をくすぐります。
何しろ、首輪以外は完全に裸なのに無防備で可愛らしい表情を向けてくるのです。
こんな少女に見つめられたら、嫌でも反応してしまいます。
教師も例外ではなく、飼育小屋の少女に恋心を抱いてしまいます。

それが、この田舎で暮らすことにおいては危険な事はすぐにわかったのですが、教師は自分の本音を抑えることができません。
そしてある日教師は遂に飼育小屋にいる少女の元へ向かいます。
恐らくばれたらこの田舎町ににいられなくなることを承知のうえで。。。
飼育小屋少女が可哀想で同時にエロい物語です

初エッチの相手が妹ってホント!?

大学生になって一番うれしいこと、それは一人暮らしができることです。
一人暮らしなので彼女を家に連れ込むのも自由!!

童貞をこじらせていた耕太もようやく彼女ができ、その彼女を家に連れ込んで初エッチをしようとしたとの時・・・
耕太の妹・薫が家を訪ねてきます。
せっかく脱童貞しようとしていた時を狙ったかのようなタイミングにうんざりしつつ、なんとか追い出そうとします。
ところがここで最大の敵が現れます。
彼女の凪さんが薫を家に入れてあげればというのです。
彼女の手前、手荒なことができない耕太はしぶしぶ了承。
おかげで初エッチはお預けです。

しかも凪さんと薫は仲良くなって一緒にお風呂まで。
お風呂の中で薫は凪さんに耕太との仲のことを根掘り葉掘り聞きまくります。
そこで初エッチはまだということを知ってホッとする薫。
しかし同時に凪さんの巨乳をみて、放っておけばいつか耕太はこの巨乳の前にオチてしまうと確信します。
そこで、初エッチは自分が奪おうと作戦を練り始めるのです。

その日から妹の薫による初エッチ妨害工作が始まります。
その執拗さと言ったら耕太がげんなりするほど。
一方で凪さんは鈍いのか気づかないふりをしているのか薫の妨害工作に無関心です。
そして、夜になってついに理性が保てなくなった耕太はトイレでオナニー・・・

しかしそこに薫が現れてフェラを始めたのです!
まさか彼氏の妹に初フェラを奪われるなんて凪さんが可哀想です。
しかも、凪さんは夜が弱いのかこの事件を見抜けませんでした。
結局初フェラは薫に奪われてしまった耕太。
ある意味では初エッチの相手は妹になってしまったのです。
しかし、薫はフェラくらいでは諦めません。
初エッチそのものを奪うべくさらに工作を続けてきます。
もちろん、凪さんに劣るとはいえ十分に育った身体を使って・・・
初エッチの相手は妹になってしまうのでしょうか?

ガ●に戻って犯りなおしがやりすぎな件

オッサンがガキに戻ったら何をやらかすかという典型的な例がこの漫画ですね。
ガキの頃イジメられて以降、ロクな人生を送ってこなかった主人公。
世間を逆恨みしなかっただけましという程度の男だったのですが、ある時頭脳はオッサンのままカダラだけガキに戻ってしまいます。
ついでに時代もガキの頃に戻ったので、主人公にはこれからどんなことが世の中で起こるか全て知っています。
もちろん、自分自身に起こることも。。。
それはもっとガキの頃は仲の良かった女の子がある日突然態度を豹変させていじめにくるということ。
このいじめのおかげで人生がくるってしまったと考える主人公は、二度と暗い人生を送りたくない一心でその女の子に反撃をすることにします。
反撃の方法は主に挿入&中出し!
昔は怖くて仕方のなかった女の子を組み伏せて中出ししまくる快感に溺れてしまった主人公。
遂には関係ない女の子にまで手を出しまくるようになります。

そうはいっても姿はガキに戻っているので、周囲の女の子も油断しまくりです。
まさかこんなガキに・・・と思っていたらやられてしまうのです。
しかも、主人公はエッチがうまかったので女の子たちは次々に落ちていきます。
こうしてハーレムを築き上げることに成功した主人公。
ガキに戻って犯りなおしたおかげで全然違う人生を歩むことができるようになります。
しかも、未来を知っているので、株をやれば100戦100勝。
ガキに戻って犯りなおしたおかげで悠悠自適な生活をくれるようになります。

人生に満足した主人公が最後にやろうとしたころ
それは、自分をイジメまくっていた女の子と結婚することでした。
実はその女の子が態度を表へさせた理由は、主人公が「大きくなったら結婚する」という約束を忘れて、他の御あん御子と仲良くしていたことだったのです。
復讐の途中でそのことを知った主人公は罪滅ぼしなのか、単にお情けなのか判りませんが、その女の子と結婚することを選んだのでした。
ガキに戻って犯りなおしっ!!!はある意味伏線が貼られまくっているのでそのあたりを深読みしながら読むと面白いと思います

H妹とド変態な日常

いくつになっても妹は可愛いものですが、成長してくるとさらに可愛さを増してきます。
特におしゃれを覚えてからは一気に可愛くなってきたのですが、同時に妹のあるせい癖が気になるようになってきました。
普通なら兄と一緒に街を歩いたりするのは友達に見られるからいやだとか言うのですが、むしろ一緒に歩きたがるのです。

そのくらいなら別に気にも留めないのですが、自分のちょっとエッチな自撮り写真を送ってくるようになった頃から「なんか違う」と思い始めます。
最初はからかわれているだけかと思っていたのですが、どんどんHになる写真を見て、もしかしたら男として好かれているかとも思いだしてしまいます。
実際は好かれているどころの話ではなかったのですが、この時点ではまだそのくらいにしか思っていませんでした。

しかし、妹のアプローチの過激さはとどまることはありませんでした。
これは誰がどう見ても変態のイキだろうと思うようなことまでし始めます。
H妹とド変態な日常なんて言ってしまうと元も子もないのですが、そう言いたくなる気持ちもわかるくらいドストレートでちょっとアレな愛情表現をしてくるようになります。

果たしてこの愛情を受け止めるべきなのか諭すべきなのか迷っていた頃、遂に妹が実力行使に出てきます。
具体的に言うと既成事実を作りに来たのです。
まだ考えがまとまってなかったため、ズルズルとその場の雰囲気に引っ張られていまいます。
そして、そのまま既成事実をつくってしまい、後に引けなくなってしまうのです。

しかし、済んだことをいつまでも引っ張っていても良くないので、頭を切り替えてとことん妹のド変態っぷりに付き合うことにします。
日常的にド変態な事をしてくるので最初のうちは頭が疲れますが、慣れてくればあしらい方もわかってきます。
しかし妹もなかなかのもので、次々に新しいせっくすを考えつき実行に移してくるので、あしらうだけでも一苦労です。
もっとも一線を越えてしまった後なので、流れのままに身を任せても問題ないのですが(笑)

そうしないのは妹に主導権を握られているということを認めたくないからです。
あくまで主人は自分で、妹の上に立っていないと示しがつかないと思っています。
そこで、日常的に首藤家なら沿いをすることになってしまうのですが、こうするとプレイがどんどんマニアックになってしまうことも否めません。
H妹とのド変態な日常はこうしてさらにヤバい方向に進んでいくのです。

もっとも妹もそれを愉しんでいる、というかむしろ喜んでいるのでこのままでもいいかと思ってしまいます。

ひぐま屋の漫画がすごすぎて実用性高すぎ1

ひぐま屋の漫画と言えば優しいタッチが魅力の漫画です。
いくつかのタイトルが出ていますが、基本的に読んでいていほんのりするお話がたくさんあります。
もし可能であれば、過去の作品から読んだ方がいいと思います。
どんな漫画家さんにも言えることですが、過去の作品の方が粗削りですが勢いがあります。
新しいタイトルほど丁寧に描かれており、それはそれで面白いのですが、やはり昔の作品から順に読んでいった方が楽しめます。
特に日常モノは時代の移り変わりで登場するアイテムが変わったり、登場人物の格好すら変わったりしています。
新しいものから読んでいって過去作品にたどり着くとそのギャップにがっかりしてしまったりするものです。

しかし、逆に古い方から読んでいくと流れを感じることができて作品を楽しむことができます。
特にひぐま屋の漫画の場合、登場する女性がどんどん可愛くなっていくので、時代順に読んだ方が楽しめるのです。
最新作のとある銭湯の本洗いと、例えば昔の錯乱パーティーなどを比べるとその差は歴然かと思います。
(もちろん、錯乱パーティーなど昔の作品が悪いという意味ではなく、作風が変わって登場人物の描き方も変わっていくという意味です)

古い作品まで全部読んでしまうとお金もかかってしまいますが、ひぐま屋の漫画は全部読んでもいいと思えるくらいクオリティが高いです。
というか、新しいものから読んでも、全部読みたくなって結局買ってしまいます。

全部買ってしまうなら、いっそのこと昔の作品から楽しんでいった方がお得だと思うのです。
もし全部買う気がないのなら、おすすめはもしも近所にHなサービスをしてくれる銭湯があったらととある村の筆下ろし事情がおすすめです。
この2作品だけでかなり楽しめること間違いナシかと思います。
無料である程度画像も見れますのでまずはこの2作品を見てみて、自分に合うかどうかを試してみるのもいいかと思います。
逆にもしこの2作品がダメだと思うならひぐま屋ではなくほかの作家さんを探したほうがいいと思います。
そのくらいこの2作品の完成度は高いです。
もしひぐま屋漫画に興味があったらこの2作品は是非チェックしてみてください。